立命館大学 
増山研 分子栄養学研究室

Webを活用した塩基配列の特異性確認

Webを活用した塩基配列の特異性確認

   BLASTでは塩基配列やタンパクのアミノ酸配列から、その特異性を確認することが出来る。

  • BLASTのHP画面のWeb BLASTで、知りたい内容を選択する。例えば、論文に記載されているプライマー配列情報を入力し、その配列の特異性、目的遺伝子の染色体DNや、RNAのどの位置を認識するか、そのプライマーを利用しPCRを行った際に、増幅される領域の大きさ等を調べることが出来る。
  • 塩基配列から検索する場合は、”Nucleotide BLAST”をクリックする。
  • Enter Query Sequenceのボックス内に、塩基配列を入力する。

   例)マウスVDR mRNA 発現量測定に用いたプライマー(リアルタイムPCR用)をボックスに入力
     GGATCTGTGGAGTGTGTGGAGACC
     CTTCATCATGCCAATGTCCACGCAG

  • Choose Search Setで条件を設定すると、検索時間を短縮し、データを絞り込むことが出来る、ゲノムDNARNA情報検索には、Standard databasesの左側○にチェック、その下のプルダウンはStandard databasesとなっていればOK。ページ下部の”BLAST”をクリックする。
  • GGATCTGTGGAGTGTGTGGAGACCのBLAST結果が表示されるまで待つ。
  • BLAST ® » blastn suite » results for 、、、、と表示された検索結果画面に切り替わる。

   Sequences producing significant alignmentsに、検索したプライマーとマッチする配列の候補がリストアップされる。マウスの学名Mus、分子名 VdrmRNAの記載された結果を確認する。Rangeは、RNAのプライマーの位置を示す。同様に、CTTCATCATGCCAATGTCCACGCAGも検索し、RNAの位置を確認する。アンチセンスプライマーの場合、Rangeに表示される数字と、subjectの数字が逆転する。

お問い合わせ

立命館大学 
食マネジメント学部
増山研 分子栄養学研究室

〒525-8577

滋賀県 草津市 野路東 1-1-1
アクロスウィング606
TEL/FAX 077-599-3057
実験室内線 (6162)

<大学院生募集>
立命館大学大学院 食マネジメント研究科
博士前期課程・博士後期課程

<研究補助員募集>
業務内容:実験作業およびデータ整理の補助

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら
PAGE TOP