立命館大学 
増山研 分子栄養学研究室

プライマー設計 (ApE使用)

プライマー設計 (ApE使用)

以下を考慮しプライマーを設計する。

  • PCR産物の大きさは遺伝子型判定では500bp程度まで、リアルタイムPCRでは200bp程度までになるように設定する。
  • A,Tを2C,G4として、プライマー合計の数値を算出し、60前後となるように調整。F,Rの数値が等しくなるようにする。(Tm値)
  • プライマー同士が結合しないように塩基が相補鎖を形成しないことを確認する。
  • これらはApEを用い、プライマーを鋳型配列の前後にずらすことで調整する。
  • R(アンチセンス)プライマー設計時には、3’から5’側に逆鎖の塩基で作成する。

お問い合わせ

立命館大学 
食マネジメント学部
増山研 分子栄養学研究室

〒525-8577

滋賀県 草津市 野路東 1-1-1
アクロスウィング606
TEL/FAX 077-599-3057
実験室内線 (6162)

<大学院生募集>
立命館大学大学院 食マネジメント研究科
博士前期課程・博士後期課程

<研究補助員募集>
業務内容:実験作業およびデータ整理の補助

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら
PAGE TOP